注文住宅で失敗しないために!選ぶ時に気を付けておくこと


しっかり話を聞いてくれる業者を選ぶ

注文住宅では、完成するまでに間取りや仕様、資金計画や工程など様々な打合せをしていきます。その中で、疑問や不安に感じることや、要望やこだわりを伝えたいと考えることもあるでしょう。注文住宅を依頼する業者を選ぶ際には、しっかりと施主の話に耳を傾け、応えてくれる業者を選ぶことが大切です。「こちらの話をあまりきちんと聞いてくれていないな」と感じるような相手だと、次第に不満が募り、不信感につながってしまう場合も少なくありません。打合せがスムーズに進められるようにチェックリストや資料の準備など、施主の立場に立ったサポートができているかも、チェックするようにしましょう。注文住宅は、人生の中で一度とも言える大きな買い物です。依頼する相手のことは、しっかり観察するようにしましょう。

プロ目線でのアドバイスもできる業者を選ぶ

プロ目線で的確なアドバイスができることも、業者選びで大切な要素になります。例えば、施主からの要望が得策ではないと判断した場合に、メリットやデメリットを丁寧に伝え、状況に合わせた提案ができるスキルを身に付けている業者を選ぶようにしましょう。雑誌やインターネットで、簡単に様々な情報が収集できる世の中になっていますが、やはりその中には不正確な情報が含まれている場合もあります。また、他の条件や要望などと総合的に判断する必要もあるでしょう。施主の言いなりになるのではなく、プロとしてアドバイスできる業者の方が、安心して依頼できる業者と言えます。

2000万の家では、コストをかける部分、コストをかけない部分とメリハリを利かせた設計によって、希望の設備の導入も不可能ではありません。