狭い土地を活かせる狭小住宅は階段の配置と収納が重要!


狭い土地を工夫して活用する住宅

狭小住宅は、一般的な住宅よりも狭い土地に建てます。狭い土地は使い道が限られるため、安い価格で購入できる可能性が高く、家を建てる全体的なコストが安く済みます。また、土地が広くないということで、面積が基準となる固定資産税も安くなります。ただ、一般的な住宅と同じような仕様では、色々と不便な部分が出てくるため、快適な生活を実現するための工夫が欠かせません。

階段を設置するスペースを工夫する

狭小住宅は面積の狭さをカバーするために、2階建てや3階建てにすることがほとんどです。ただ、2階や3階に行くために欠かせない階段を設置するには、ある程度のスペースが必要となります。その工夫次第では、狭小住宅の快適さが大きく異なります。あまり面積を取りたくないのであれば、螺旋階段や折り返し階段を選択すると良いです。ストレートな形状の階段にする場合は、その下のスペースを有効的に使うことを考えましょう。収納として活かしたり、インテリアを置くスペースにしたりするなど、色々な形があります。

空間を収納として最大限に活用

狭小住宅では、限られた空間を最大限に活用することが大切です。そして、収納スペースが不足しがちなので、色々な工夫を施します。定番なのは床下収納で、床板や畳の一部を開けられるようにして、地下のスペースを収納として使用します。また、部屋の一部をロフトにして、余りがちな上部を収納スペースにするのも定番です。さらに、三角屋根にして、屋根裏部分を丸ごと収納スペースに充てるという形もあります。

狭小住宅は狭いからこそ工夫が必要です。例えば、仕切りを多くしてしまうと圧迫感が生まれます。また、収納場所の確保も重要なポイントです。工夫を凝らすことで、住み心地の良い住宅になります。