注文住宅の間取りで悩んでいる?それならこのポイントをチェック!


まず家事動線から決める!

炊事や洗濯など、日常生活では様々な家事が欠かせません。そのため注文住宅の間取りを決めるなら、まず家事動線を考えることが大切なポイント。特に家事の中でもお台所は中心になりやすいゾーンなので、ここから快適な家事動線を実現できるように、各ソーンの間取りを決めるとよいでしょう。ちなみにお台所の近くには、できるだけバスやトイレといった同じ水まわりを配置することで、スムーズな工事やメンテナンスも期待できます。

生活音に配慮した間取りを!

注文住宅が完成した後は、家族と一緒に暮らすケースが数多く目立ちます。同じ家族とはいえ、日々の暮らしでは何かと生活音が気になるもの。このため注文住宅の設計では、生活音に配慮した間取りを考える必要があります。特に家族それぞれの生活パターンが異なる場合、昼夜のちょっとした生活音でも、大きなストレスになるのはよくある話。したがって左右の部屋だけでなく上下の階、そして廊下や水まわりの配置を工夫して、音が漏れない間取りにすることが重要なポイントです。

意外と忘れやすいコンセントの配置!

日常生活では様々な家電製品に頼りになっているはずです。そして電気が必要な製品に欠かせないのがコンセント。お台所の冷蔵庫や電子レンジをはじめ、洗面所付近の洗濯機やトイレの温水洗浄便座に至るまで、コンセントがなければ使用できない製品が沢山あります。そのため注文住宅の設計では、家具や家電の配置だけでなく、コンセントの数や位置もよく計算しておく必要があります。これを怠ると、日常生活で使用できる家電製品の種類や数が制限されて、日々の暮らしから快適さが損なわれてしまいます。

名古屋の注文住宅を建てるなら、自分たちのライフスタイルに合わせて唯一無二の自分たちだけの家を建てることができます。