注文住宅で床下収納を取り入れる人が多い理由とは!


部屋のスペースが狭くならない

注文住宅を建築する際、床下収納を取り入れる人は非常に多いです。その最大の理由は、床下収納を設置することで部屋のスペースが狭くならない点です。物を収納する際、タンスやクローゼットを利用する人は少なくありません。しかしながら、部屋にタンスやクローゼットを設置すると、その分だけ部屋を圧迫することになります。その点、床下収納ならば床の下にスペースができるので、部屋のスペースが狭くなることがありません。つまり、敷地面積が狭い場所に注文住宅を建築する場合にうってつけです。

部屋の視界が広くなる

部屋の視界がより広く見えることも床下収納を設置するメリットといえるでしょう。床に収納スペースを設置することで、収納するための家具を減らすことができます。部屋の中に物が多ければ多くあるほどに視界が狭くなるので、部屋が散らかって見えてしまいます。しかしながら、床下収納があることで物を見えない所にしまえるので、部屋が広く片付いているように見えるというわけです。また、人目に触れたくない日用品のストックも片づけられるので、便利ですよ。

動線の邪魔にならない

動線の邪魔にならないことも床下収納が人気の理由といえるでしょう。キッチンに床下収納がない場合、インスタント食品や調理器具などを棚に保管している人は多いのではないでしょうか?その場合、キッチンスペースに設置することになるので動線の邪魔になる可能性が高いです。しかし、キッチンに床下収納があれば、様々なキッチン用品や食品を床の下に収納できます。その結果、動きやすくなり、スピーディーに料理ができますよ。

愛知の注文住宅では、シアタールームを設けたり、カフェ風のキッチンにしたりとライフスタイルに合わせてさまざまな工夫が施されています。