好みの賃貸物件はどう探す?目当ての部屋を探すコツ3選


絞り込み検索は優先順位付けをしてから

インターネット検索で手軽に部屋を探せるようになったものの、上手く部屋を絞り込めないなら条件に優先順位をつけてみましょう。例えば、オートロックが絶対条件だとしても部屋の広さは1LDKと2DKのどちらでも構わなければ、先にオートロックと部屋の最低平米数を指定します。部屋タイプの指定は後からすることで、目当ての部屋が検索から除外されすぎないようにするわけです。そして、1つずつ希望条件を当てはめることで、最終的な理想に近い部屋を探します。

目当ての部屋が見つからなければ条件を緩めてみよう

賃貸物件探しは1回の絞り込み検索で成功することは少なく、何度か複数の条件を組み合わせて目当ての部屋を探します。そして、目当ての部屋が検索結果に出てこない時に、1つだけ絞り込み条件を緩めて様子見する方法が有効です。なぜなら、部屋案内チラシを確認した時に分かるように、賃貸物件チラシは情報量が一律ではないからです。人気の部屋ほど簡素な案内文ですぐに入居者が決まってしまうので、厳しすぎる絞り込み条件は逆効果となりかねません。

不動産屋でしか案内されない物件がある

インターネット検索に出ている賃貸物件が全てではなく、不動産屋とオーナーの事情によりインターネット非公開で募集されている部屋があります。なぜなら、既に入居者がいる状態で今までよりも家賃を下げて募集し、空室を埋めたいと考えているオーナーへ入居者から家賃引き下げ希望が出されてしまうからです。つまり、不動産屋で問い合わせた時にこっそり案内される部屋があるので、一度内見しても納得できなければ他に案内可能な部屋が無いか確認してみましょう。

苫小牧の賃貸にはあらかじめ床暖房やクーラーが設置されている物件も多いのでより快適に過ごすことができます。